粉粒体吸引圧送車

粉粒体吸引圧送車は、工場内で発生した粉粒体(石炭灰、石灰石、セメント等)を発生源より吸引回収し受入設備(サイロ等)へ運搬、圧送投入する専用車で廃棄物の発生抑制(リデュース)、再利用(リユース)、再資源化(リサイクル)の「3R」循環型社会形成推進での活躍ができリサイクル用物流ラインとしてご利用出来ます。

粉粒体吸引圧送車

バグフィルター室はレシーバタンク前部に設けられダスト回収室と分離されています。
従って回収されたダストは、まず回収室に堆積し満杯となった後バグフィルター室へ堆積し始めます。
又、バグフィルターはバグフィルター室上部にセットされていますので回収されたダストに小塊が混入していても直接バグフィルターに接触する事はなくフィルターを傷つける事がありません。

※排出時は仕切板が開きバグフィルター室内の回収物も全量排出されます。

※吸引、圧送車はダンプアップしながら圧送排出する構造となっています。

  • 一般・産業廃棄物収集運搬
  • 産業廃棄物処理
  • 環境分析
  • 浄化槽保守点検
  • 汚泥吸引・高圧洗浄・更正工事
  • 管内調査・修繕・更正工事
  • 社員専用掲示板入り口